09 stage   Fresh green time 2018.05.05 SAT   Yahagi river line
 自身の春の連休後半、帰省している甥っ子が夢の中にいる時間を見計らい、近くの流れに出掛けてみた・・・。
 飛騨高山市に雪を降らせたとも言われた、このGWの風は冷たくとも、久しぶりにスカッと晴れた5月らしい空の下、新緑が眩しい景色に溶け込んだ・・・。
全く反応が無いため、大きくエリアを変えてみた。
 すると、ようやくにして数匹の魚の姿が確認でき、1尾が反応した。 それは、今日が"こどもの日"とでも言わんばかりの可愛いアマゴだった。
 どうやら、この流筋も居る所、居ない所がはっきりと分かれているようで、此処では飽きない程度に良き流れの場をアマゴが陣取っていた・・・。
 此処も居るだろ? そう考えながらルアーを導くと、そっと追ってくる。 すかさずもう一度同じコースに導くと、今度はサッと追って咥えた。
 概ね同じようなパターンで、最初の1投目は様子を伺うような追い方で、2投目に喰らいつく。
 サイズは全て"こどもの日"であれ、この流筋にアマゴが居てくれる事、それだけで嬉しい・・・。
 エメラルドグリーン系の彩が綺麗なアマゴは、この流筋を生きるその証でもある・・・。
 さて、休日でのんびりとしているとはいえ、さすがに甥っ子も目覚めて朝飯を食べ終っただろうか、今日はこれくらいにして帰ろう・・・・・。
 新緑が美しいと感じる頃合いを過ぎるなら、川原の植物が一気に成長し、流れに向かうに立ちはだかる季節がもう、直ぐそこにある・・・・・。

Next stage plan : May 6

  Message
  Tackle            The tackle that I used on this stage
      Rod
      Reel
      Line
:
:
:
SMITH  troutin'spin inter boron TRB-60UMT
DAIWA  CALDIA LT 2000S
VARIVAS  COVER BREAKER 4lb
Thank you
         see you

River Land

to Diary top     to Home