18 stage   To summer river 2018.06.18 SUN   Hida river line
 空梅雨で悪い条件の中、それでも連荘であえて飛び込む馬鹿がいる。 状況を判断し、タイミングを見計らって行動するのが本来だろう。。。
 心の中で待ち望む本命は立派なパーマーク、「ズシッ!」、「来たぞ、まずまずの重量感だ・・・」それは一瞬の喜びで、センチではなんとかクリヤ、尺ではミリ単位足らないイワナ君で・・・。 ただ、朝一番の明確な答えとは、肩の力が抜けて心にゆとりが出来るのは確かだと改めて実感する・・・。
 成長途上のヤングだけは、向こう合わせ的に活発に引っ手繰ってくる。 ただ、どこも単発で、春先に見られた多くの影とは異なっていた。
 ラストスポット、枯れかけた流れを味方にして、エントリー場所から離れたスポットへと流れを切る。「バシッ!」、その重量感から今度こそと期待したのもつかの間、朝一と同じサイズのイワナ君だった。
 夏に向かう季節、空梅雨による枯れかけた流れ・・・、此処に並べた写真を見るなら、イワナばかりが目立っていて、違和感あるよな・・・・・。
 季節は確実に進行していて、流れは夏色、鮎の流れへと変わり始めていた。 少々段取りが遅れてしまったが、シビアなるシーズンモードのセッティングにチューニングしよう・・・。

Next stage plan : JUNE 24

  Message
  Tackle            The tackle that I used on this stage
      Rod
      Reel
      Line
:
:
:
SMITH  troutin'spin inter boron TRB-60UMT
DAIWA  CALDIA LT 2000S
VARIVAS  COVER BREAKER 4lb
Thank you
         see you

River Land

to Diary top     to Home