32 stage   To satisfy sense of values 2018.08.26 SUN   Hida river line
 濁流から回復するタイミングに期待して、前日に続いて渓のステージへ向かった。 其処は、期待を含む予想以上に回復が進み、流れは澄み、少々水位が高い程度にあった。
 流れをギラギラと横切るルアーに、追う影は比較的多く見られた。 しかし、大きな影は、一瞬の稲妻のように威嚇するのみで、アタックしてくるのはクリアサイズ以下ばかりだった。
 中には、もうすっかりと秋を感じさせる個体も見られた。
 流域によっては、まだ水位が高く網入れも十分に無い流れも残るが、その多くに網が入った・・・。

 自身の過去を振り返るなら、これからのラスト1ヶ月とは、網に追われ、そして、成熟の時間を待つナーバスな季節感の中に、条件が整わない事には出会える機会は少ない・・・。
2018シーズン残り1ヶ月、自身としての価値観に満たされる出会いを求めたい・・・・・。

Next stage plan : SEPTEMBER 1

  Message
  Tackle            The tackle that I used on this stage
      Rod
      Reel
      Line
:
:
:
SMITH  Be Sticky Trout BST-HM63ML
DAIWA  THEORY 2004H
VARIVAS  COVER BREAKER 5lb
Thank you
         see you

River Land

to Diary top     to Home