01 stage   First of all March 02, 2019
 2月にして暖かきこの年の季節感から、例年より早めに準備を進めていた。 そして、河川の多くがオープンした3月最初の休日、ウズウズしていた心身を解き放った・・・。
 今年もスタートは此処から・・・・・。
 早朝、今年の挨拶と入漁券購入に訪れたアンテナショップの店長情報では、今年は今のところ不調で釣り人も少ないとかで・・・。 その方が自身にとってお誂え向きとばかりにメインポイントへ向かった。 そこは、一見変化の少ない流れから軽視されがちの人気薄スポット、ところが、既に先客3人ほどが並んでいて、のっけから計算違いを強いられる。 それでも、自身として見出し定めた点から答えを導こうと、先客の後を追った。 釣り下り的なポイントから、下流へ下流へと進め意図的に無くともその差が詰まると、先客はペースを上げて下り去っていく。 いつしかこちら側のペースと化し、やがて、目の前に自身としての本命スポットが広がった・・・。 しかし・・・、何か違う。 いや、明らかに流れの表情が、違う・・・・・。 一見、フラットな流れであれ、その中に見えてくるはずの表情が見えない・・・。
 粘るは無駄、待ちは誤ち・・・ジャッジを下し、表情豊かな流れに作戦変更をと歩みを進めた。 この時期にして平水以下の流れから、沈んでいるはずのテトラはむき出しで、先程の寂しき表情の理由がはっきりと現れている。 普段では立ち入れない流れにまで立ち込みができ、釣り人にとっては好都合であれ、反して釣りとして不都合にある事は間違い無く、時にそれが効を奏するのは手付かずに当たった場合の話しで、此処は入れ替わり立ち代わりのブランドリバーゆえに手付かずの可能性は薄いだろう。 更に歩みを進めると、この手の河川に見られる、その年その年で変わる流れの形状を目の当たりにして、昨年の貴重な唯一を手にしたピンスポットは消えていた・・・。 樹木と雑草で覆われていた川岸には重機が入り整備され、歩きやすくも、釣りやすくもなり行動に好都合であれ、広がる景色としては殺風景と化した。 そして、そこは暖かくもなれば、春の山菜が自生していた場所なのに、この先の小さな楽しみさえも消えた・・・。
 既にこの流れに遡り経過したものとして、こんな条件下の時、自身が相手側の立場にあるならば、水深ある流れに身を寄せ、バシャバシャギラギラと通過する、見慣れたうるさい怪しき物体を避けるかのように、静かに隠れてジッとしているだろう・・・。 まっ、言い訳になるが、今日は陽気にも誘われ、溜まっていたストレス解消に訪れたようなもの、ただ、今年のこの状況から、よりタイミングを見計らって訪れようか・・・。 この日の収穫は、表情寂しき流れに透けて見えた遡上経路と付き場となるであろうボトムの景色。
ランディングネットは乾いたままに、予定した終了時間を待たずして、見切りをつけ帰路へと着いた。

春はまだ、これから・・・・・。

Next stage plan : March ?,

  Tackle            The tackle that I used on this stage

       Rod
      Reel
      Line

:
:
:



Thank you
         see you

River Land

to Diary top     to Home