05 stage   In yellow sand April 06, 2019
 
 季節は4月へ・・・。 暖かくなる頃合いのお彼岸を過ぎたのに、暖冬のお釣りとでも言わんばかりに寒さがぶり返したりして。 お釣りなら、貯めている500円玉の方がいいんだけど・・・。 それでも、ようやく春らしくなり、我慢を強いられていた桜の開花も進んだこの週末、この鱒の言われでもあろう桜の咲く季節、ハイシーズンを期待して、今日も此処の流れに立った・・・。
 未明から水位の変動もあり、新たな遡上や移動による躍動感までをも期待するも・・・、それはハイシーズンどころか静寂な時間が過ぎゆくばかりで・・・、広範囲に移動した見渡す中に、それは自身だけではなく、ため息混じりに背中を丸めた数人のアングラーとすれ違うばかりで、黄砂で霞みゆく空そのままだった・・・。
 唯一、生命感を感じたのは、ニゴイらしき擦れ掛かりに、一方的に下流まで引きずられた事くらいだろうか・・・。 何事も無い事の方が多いこの世界観だから、こんな出来事があるだけでも少しばかり心が踊ったりする。 「もしかしたら・・・だったんじゃ??? いやいやいや、あの走り方は絶対違うだろ・・・・・。」 この先の自身の予定を考えると、所用で埋まった休日を踏まえるなら、平成最後の北陸サクラステージは、次がラストになるのかな・・・?

Next stage plan : April 12,

  Tackle            The tackle that I used on this stage Message
      Rod
      Reel
      Line
      Rure
:
:
:
:
SMITH  troutin'spin inter boron X TRBX-83SD
DAIWA  CERTATE 2500R-CUSTOM
VARIVAS  COVER BREAKER  10lb  &  VARIVAS BIG TROUT SHOCK LEADER 16lb
Sinking minnow
Thank you
         see you

River Land

to Diary top     to Home