37 stage   Match the jadgement Aug 31, 2019
 
 振り返ると、今年は増水の影響を受けて完全に足止めをくらった日は無かったと記憶する・・・。 しかし、この日の状況はちと厳しそうで、情報ツールからあちらこちらの流れを画面上から覗くなら、近隣は厳しく、主に春に行く遠方へと足を伸ばせば成り立ちそう・・・、しかし、リスクを考えると決断するまでに至らず、そこで、近隣エリア内で影響としてNGまでにない唯一の流域で、のんびりと回復を待ちながらタイミングを図るステージとして企てた・・・。
 濁流の本流域から遡りながら車を進め、里川域に入ったところで車窓から状況を伺うも、やはり、ちと厳しい・・・。 更に更に遡り、人造湖に注ぎ込むメジャースポットに辿り着いた。 大増水中、という概要状況からか、既に明るい景色であれ幸いにして先客は居ない。 この季節にして此処に誰も居ないなんて考えられない事・・・。 秋を意識して流れに差した個体の存在を期待して、ここらから始めてみる事とした。 普段より2倍近くある水量から、魚が避難できるであろう少なき流れを中心に触れるなら、早速小さな影が現れた。 例え小さかれ、存在する事に安心してそれを交わした後、対岸側ヘチをドリフトさせるなら、尺はあろうイワナが浮いた。 ドリフト限界の域からリーリングに移ると、さすがのイワナも、この強い流芯を横切ってまで追って来る事は無かった・・・。 まだ差していないのか? それとも遡上モードで相手にされていないのか? 結果無きまま時間を潰したところで、人造湖より下流方向へと車を戻した・・・。
 釣りになるスポットを探しながら、エントリーをジャッジしていく。 しかし、何処も反応は無くて・・・。 ゴミの流下が混じる流れに、それを嫌がり影を潜めているのか? 大きくため息をつきながら、乾いたランディングネットのまま、既に時はおやつの時間を迎えていた。 これまでの今年の状況から、比較的魚影の濃かったスポットに立ち寄ってみるなら、可愛いイワナとアマゴが応えてくれて、増水に強行したステージを背景とした、この厳しき状況下に支配されかけていた不安が消えた。「出ない事は無い・・・。」 気を立て直し、流れの表情を伺いながら車を進めると、メジャースポットが視野に入った。 其処は比較的目につきやすくエントリーし易い事から、シーズン中はアングラーをよく見かけるスポットで、普段は完全スルーするスポットではあるのだが、この増水がもたらした、ほど良く"流れが効いた"表情が気になり、誘われるように立ち寄ってみた。 それは普段、平水にあれば気配を察し隠れ潜んでいるものが、増水によって居着き場所を余儀無く変更され、ピンスポットが限定される事による、的が絞れるという増水メリットがあるからで、早速、この広く太き流れの中に居るであろうピンスポットを定め、焦点として絞り込み、そこを目がけてロングキャストし、少しカウントダウンして、そして少しドリフトの後にトィッチングを入れながら導き始めた瞬間、「カツン!!」と香ばしい衝撃が伝わった。 流れのシチュエーションから一気に流芯を横切らせて手前に導き始めると、避ける事出来ない流芯の水圧に乗って下流側に向かってドラッグが響く。「やばい」 その下流は、更に水速を増して落ち込んでいく為、そのまま下られたならこのライトタックルでは状況としてかなり不利、どころか、おさらば、も有り得る。 すかさずロッドを寝かせて溜めるなら、「そうだよな、こいつはこのスポットを熟知している、これ以上下れば自分も流される事を判っている・・・。」 そいつは、自ら上流へと泳ぎ出し、手前側へと寄ってきた。 そして、自身が視野に入った途端、いきなりローリングして暴れ始めたのだが、ここまでに随分と体力を消耗した影響か、その後は難儀なく、静かにネットに収まった・・・。
 生命を継承していく為に、それは種実が顔を出すかのように、パープルなパーマークが割れ始めた、この季節感を表す彩のアマゴだった・・・。
 尺サイズのネットからはみ出したオレンジテールから、概ねのサイズは判断できるも、その雄姿を正確に受け止めるべくスケールをあてるなら、いつかと同じ、文句無き、ブルゾンちえみサイズだった・・・。
 これが8月最後のステージ・・・。 早いもので、シーズンも残り1ヶ月となった。 水面に映し出される景色のように、これまでの自身を映し振り返りながら、のんびりと味わいながら秋を送ろう・・・・・。

Next stage plan : Sep 01,

  Tackle            The tackle that I used on this stage Message
      Rod
      Reel
      Line
      Rure
:
:
:
:
OLYMPIC Graphiteleader Super Bellezza GSBS-672L
DAIWA  STEEZ TYPE Ⅱ
VARIVAS  Nogales DEAD OR ALIVE Taflex  4lb  &  LEADER : VARIVAS GANOA ABSOLUTE 7lb
Sinking minnow 50mm
Thank you
         see you

River Land

to Diary top     to Home