42 stage   Time to go Sep 22, 2019
 
 カウントダウンが始まった2019シーズン・・・、この季節に出掛ける流筋の選択肢は限られど、何処のどのエリアに触れようか?、何時もより少し慎重気味の選択で・・・、それは、この季節感の中に決定的な選択肢を兼ね備えていないからにあって、過ぎ去った過去のこの時期における、ラッキー的要素高き良き記憶だけを頼りにして、これまでで最も最悪的な年にあった、黒い飛翔物体が多く着弾していた流筋に、捨てきれない期待の中にある微かなる可能性を賭けて訪れてみた・・・。
 鮎釣りの納竿を企てていながら、状況から止むを得ず急遽変更して同行した友人を案内するなら、朝のスポットは至る所に先客が居る始末で、支流の奥へと追いやられた・・・。
 360度、取り巻く最高の風景の中に進めるなら・・・。
 早々に2人に応えたのは、それはそれは可愛い、のり玉ふりかけだった。
 次に応えたのは、近年この流筋に見る、のり玉ふりかけをも超えた、それはオレンジ塗料をこぼしてしまったような、なんだかな~って奴で・・・。
 白い影が走り、ようやく綺麗な奴が来たかと思えば、いわゆる、ガッカリ君で・・・。
 本日のプラン、ラストポイントで、ようやく納得のいく綺麗なアマゴが応え、締めくくりとなった・・・。
 秋の流れ・・・、残り少ない限られた時間・・・、風景の中に溶け込み、ロッドを振れる事だけでも幸せな時間、次は何処で名残惜しもうか・・・・・。

Next stage plan : Sep 23,

  Tackle            The tackle that I used on this stage Message
      Rod
      Reel
      Line
      Rure
:
:
:
:
SMITH  troutin'spin inter boron TRB-60UMT
DAIWA  LUVIAS 2004
VARIVAS  COVER BREAKER  4lb  &  LEADER : VARIVAS TROUT SHOCK LEADER FLUORO CARBON 8lb
Sinking minnow 50mm
Thank you
         see you

River Land

to Diary top     to Home